認知カウンセリングとは

*1990年代に市川伸一先生(東京大学名誉教授)が提唱した。

* 学習や理解に困り感を抱える人を個別の相談・支援を通して助けていく取り組み。

*対話を通して、課題を引き出し、カウンセラーと一緒に解決していくもの。

*効果

  ①自己学習力が身につく

  ②理解する方法を理解できる

  ③学習意欲を維持・向上させられる

学習指導に用いる基本的な6つの技法

①自己診断
  〇どこがわかっていないのか、なぜわからないのかを言わせてみる。

   (実際には言えないことが多いが、行ってみようとすることが大切)
  〇「何となくわからない」、「全体的にわからない」というのでは、自分も他人も手が打ちに

   くいことを知ってもらう。
  〇問題点をはっきりさせるというメタ認知を促す。

 

②仮想的教示
  〇ある概念や方法を、「それを知らない人に教示するつもりで」説明させる。
  〇説明できない時には、「本当はよくわかっていない」ことに自分で気づくように。
  〇概念の説明とは、一般的な定義と、事例を掲げることで成立することを理解してもらう

   (教科書等を参考に)。
  〇「何となくわかった」という状態を、自分で明確なものにしていく。
  〇自己診断と、表現力を促す。

③診断的質問

  〇どこまでわかっているかを試すための質問をしてみる。

  〇「この質問にこう答える人は、このような誤解をしている」 というような、

   「解答→誤概念の同定」のレパートリーを増やすとよい。

 

④比喩的説明

  〇概念の本質を比喩(アナロジー)で説明する。

  〇比喩を用いたがゆえに生じる誤解については、十分注意が必要。

  〇うまい比喩と、比喩から生じる誤解についてのレパートリーを増やす。

⑤図式的説明

   〇概念間の関係を整理して図式化する。

   〇理解は、図そのものの中にあるのではなく、その解釈(図を どう見るかがわかっている

    こと)にあることに注意。

   〇図を用いて説明したら、同様の説明が学習者にもできるかど うかを確認するとよい。

⑥教訓帰納

  〇解いた後に「なぜ、はじめは解けなかったのか」を問う。

  〇問題側の難しさ、やり方の工夫、自分の思い違い・ミスなど。

  〇一般化したルールの形で、教訓を抽出しておく。

  〇問題は、やりっぱなしにしない。

  〇1題解くごとに、「自分はどういう点で賢くなったのか」を明らかにする。

   (教訓は、できるだけ学習者自らがノートに書くほうが良い。)

  〇学習者が気付かないようなことは、補うようにする(やはりノートに)。

  〇正答できたか否かよりも、「教訓を引き出せたかどうか」が学習の成果であ ると考えら

   れるように。

認知カウンセリングの心得

(1)クライエントの自立を促すことを目標とすること。

   そのためには、 わかることの楽しさを知り、学習の進め方を模索する態度をクライ エント

   にもってもらうこと。

(2)個人指導の力量を向上させることと同時に、基礎研究とのつながり を見出す努力をカウン

   セラー側がつねにもつこと。

 

(3)「わからない」、「やる気の出ない」クライエントに対して、感情 的にならず、一緒にそ

   の原因を探って解決しようという姿勢を持つ こと。

 

(4)学習者が一般的に陥りやすいつまずきや、学習観・学習方法などを あらかじめある程度把

   握しておき、診断と指導のための基本的な技 法を知っておくこと。

©2020 by 放課後まほらbo