• あべようこ

子どものタイミング

最終更新: 5月28日


最近、夕方の空がきれいですね。(国分寺駅前で撮影)



今日は算数からは少し離れますね。

私は、年長から小学校1年生までの二年間イギリスで過ごし

現地の幼稚園と小学校に行っていたそうです。


「行っていたそうです。」と、他人ごとのように書きましたが

ほぼ記憶がなく、覚えていないんです(汗)

写真をみたり、断片的な記憶で「そうだったんだよなー」くらいで頭の隅に置いています。


親からよく話してもらったことがあります。

「イギリスに行ってから半年ほど、全く話をしなくて心配した。

 けれど、半年を過ぎたころから流ちょうに英語で話しだし、

 家族(父母兄弟)で一番発音がいいと向こうの人から言われたんだよ。」


ほぇ~(*'▽')  という感じだし、英語は苦手(笑)



半年だんまりを決め、その後急に話し出したことについて、今解説をつけるとすると


①その期間、ひたすら英語をインプットして、整理していたのだろうということ。

「間違えることが怖い」「間違えることが嫌」なタイプだったので、間違えなくてすむくらいまで、自分の中で整理・練習していたのだろうと考えられます。

②周りの人に慣れたり、様子をみて「ここは私がいても大丈夫」と思えるのに半年ほどかかったのかなと思っています。



子ども・人にとって自分が発言する、思いを発信するということは、場合によっては怖いものです。

「自分が壊れない場」と本人が思えないと発信することって難しい。



*自分自身が「何を言われても大丈夫」という軸を持っていることと

*「ここでは何を言っても受け止めてもらえる」という周りへの信頼があること


この二つがとても大切。

なので、子どもの発言が少ないときは無理やり話をさせるのではなく

決して「どうして何も話さないの!」と怒るのではなく



①子ども自身が発言することや内容に不安や心配事はないかな

 → 不安があるようならば、何が不安か聞いて「それで大丈夫だよ」と伝えてください。

②聴き手(聴いている自分)の態度は、どうかな?

 → 怖い顔をしていませんか?「そうじゃなくて」を連発していませんか?



少し、冷静に分析してみてください。

タイミングがくれば、話すときがきます。

環境を整えながら、子どもがアウトプットしたいと思うタイミング

思いがあふれるタイミングを待ってあげて欲しいなと思います。


明日の算数は5月に学習したことのまとめを一人ひとり発表します。

どんな言葉が出てくるのか楽しみです♪


(算数担当 あべようこ/べっちゃん)



73回の閲覧

©2020 by 放課後まほらbo