• はったたまほ

Jollyでjollyに英語力のそこあげを

最終更新: 1日前

phonicsを学んでいますか?

 英語圏の子どもたちも、母国語を学ぶとき26文字のアルファベットと基本となる文字の音と綴りの関係から学びます。英語の「スペリング(つづり)」と「発音」の間にある法則を学ぶことで、英語の正しい読み方をマスターしているのです。

日本でも日本語を学ぶとき、最初にひらがなを「50音」として学ぶのですが、英語を学ぶ時には、これだけ英語を学ぶ子どもが増えているにもかかわらず、その学び方の中にフォニックスがまだ一般的ではなく、発話や聞き取りができないという状態が続いています。

フォニックスを身につける利点は、英単語力がアップするだけではなく、「聞く・話す・書く・読む」の4技能すべての力がアップすることです。

これは英語を学ぶ人たちすべての人に通ってほしい指導法です。

Jolly Phonics

 

 Jolly Phonicsでは、42個の文字の音を知り、綴られた文字の関係を知ってその組み合わせを読めるよう学んでいきます。

これにより

「初めて見た英単語を正しく読める・発音できる」ようになり、

「耳で聞いた英語の音を正しく書き取りができる」様になります。同時に修得できるというメリットがあります。

Jolly Phonicsでは基本の音の習得と合わせ英語の文字の音と綴りならではのルールも学びます。

それはひらがなで例えるならば、「は」「へ」の文字の読み方が変わる事だったり、「一日」を「いちにち」とよんだり「ついたち」と読むことだったりします。

それらを整理して学びマスターすることで初めて見る英語を見ただけで読んでいく力が備わっていくのです。

同音異綴り、トリッキーワードがそれらに当たります。これらを42音と合わせ学ぶことで英語の70パーセントが読めるようになるといわれています。すべての英語の力の底上げになります。すでに英語に出会っている方でもPhonicsをJollyで学び、確認して自分の中の英語を「できる・できている」にしていきましょう。


(20200114 更新)


*「フォニックス」は低コストで教育効果が高いことが示されています。



©2020 by 放課後まほらbo