• あべようこ

子育ての悩み⑥/どんな声かけ?

算数を担当してます、ようこ先生です。

2歳(もうすぐ3歳)の男の子を育てています。

その様子は過去記事もご参考に

https://www.maholab.org/blog/categories/math


さて、サンタさんからプラレールをもらった息子は毎日プラレール三昧

ようこ先生とレールの取り合いをしながら電車を走らせています

(実は私がプラレール大好き!)


今朝、レールを繋げている息子からヘルプがきました。

「つながらないー(泣)」

確かに!

ここで問題です。ようこ先生はこの下の4つのうち、どの選択をして、どのような声掛けをしたでしょうか?


①空気清浄機くんの前を通るように声をかける。

「このままだと難しいから、空気清浄機くんを後ろにずらして、カーブでこの前を通るようにしようかー」


②もっと手前から(2,3本レールを外して)カーブするように声をかける。

「もっとこの辺(手前)から曲がるようにしてみようか?」


③空気清浄機くんの後ろを通すように声をかける。

「よし、そのまま進んで、空気清浄機くんの後ろを回ろう!」


④その他


  

シンキングタイム!




答えです。



今日のようこ先生のお家では③で、このまま進んで空気清浄機くんの後ろを通るレールレイアウトになりました。

空気清浄機くんを動かすとほこりがいっぱいでしたので、息子と一緒に掃除機をかけ、レールを繋げました。

物の後ろを通ることで、いったん姿が消えてもう一度出てくるというのがなかなか面白いなーと自画自賛しながら息子と眺めていました。


もちろんどれでも正解です。

遊べる時間や子どもの力に合わせてどれでもいいと思いますが、

色々な選択肢があるということを考えて欲しいと思います。


一つ一つの場面でみなさんはどんな選択をしますか?

他の人からはその場面はどんな風に見えているでしょうか?

「こんなことがあったんだけど、他にはどんな声掛けが考えられたかな?

そんなことを保護者同士で、大人同士で話し合う時間があってもいいですよね。

そんな場をまほらboでも作っていきたいと思っていますし、

毎月の保護者会ではぜひ、そのような話をしましょう!

(あべようこ/べっちゃん)


まほらboのご案内 毎週火曜日金曜日。

小学校3年生以上。会場は東京都小金井市です。

教材、材料費などは別途。月2万!

お問い合わせは

houkago.mahohlabo@gmail.com

オンラインでの受講も可能です。


32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示