• 学生スタッフ

3/14オンライントーク「体験と学力格差」【まほらboのええ話/対話】

こんにちは。学生コーチのタミです。


昨日、東京学芸大学准教授・小森伸一先生と三宅コーチによるオンライントーク「体験と学力格差」&まほらbo説明会が行われ、私もリモートで参加させていただきました。


まほらboのリーダー教員でいらっしゃる小森先生は、子どもの頃の直接体験が学力の向上につながること、子どもは周りの大人の親身なサポートにより経済格差が学力格差につながりにくいことなど、専門的なお話をとても丁寧に、わかりやすくお話してくださいました。


子どもが何かを直接体験して、本物に触れることで心が動き、具体的な知識となり、日常の中の学びと結び付きやすいとのことです。


また、子どもにとって大人(家族・地域の人…etc.)と何かを体験し、感情をシェアすることは大切であるというお話を聞き、まほらboは子どもたちにとって信頼できる身近な大人がいる、多様な体験のできる場所でありたいと改めて感じました。

こもちゃんが「ホリスティック教育」について説明しているところ。

指と手の関係で説明してくださって、わかりやすい!



そして、説明会では、コーチ陣によるまほらboの概要や各教科の説明が行われました。


まほらboは算数などの教科の学習は、学校で習う教科書の内容を大切にしながら、日常の中での学びにつなげることを目標としています。

生活では調理などをはじめとする体験活動を重視し、SDGsの観点から子どもが主体的に考えることのできるプログラムを用意しています。

“今日は何の日”は、学生コーチが中心となりその日が何の記念日なのか、SDGsの観点と絡めながら紹介し、大人も子どももみんなで考えていくコーナーです。(説明会では私が2月9日の「服の日」verを保護者の方に実演させていただきました。)


まほらboで、個性豊かなコーチたちとワクワクドキドキするような体験を通して、学びを深めていきませんか?



*次回のオンライントークは4月10日又は11日テーマは「学ぶ力と体験」

 その次は5月9日の予定です。

(※決まったらお知らせします。)


*一部料金変更しました!!

まほらboのご案内 毎週火曜日金曜日。

小学校3年生以上推奨。

オフラインの会場は東京都小金井市です。

教材、材料費などは別途。月2万!

お申し込みは ⇒ 入会申込フォーム

お問い合わせは⇒ houkago.mahohlabo@gmail.com

オンラインでの受講も可能です。(月1万)

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示