自分の頭で考える【まほらboのえぇ話/対話】



まほらboでは、月の初めと月の終わりには

「子ども哲学対話」の時間があり、

毎月のテーマについて導入として紹介し、月の終わりに一か月通してどうだったか考えます


必ず子どもと確認することは「哲学ってなに?」「対話ってなに?」ということです。

哲学とは・・・自分の頭できちんと考える事

対話とは・・・人の話を受けて、考えて話をする事。意味を共有する事

       「天気がいいですね」というような会話はたわいのない話


まほらboが本格的にスタートしてから半年経ち、

子どもたちも対話をすることに慣れてきたようです。

今月初めの哲学対話では、きっかけは三宅コーチからでしたが

途中から子どもたちで対話を始めていました。

意味をそらすことなく、きちんと真ん中に置いて

誰かの意見を受け取って、

「それって、こうだね」「じゃぁ、こうなんじゃない?」

などと話が進んでいました。


少しずつ進めてきたことが、実を結んでいるなぁと思った瞬間で

コーチたちは目を細めてみていました。


自分の考えをもち、それを表現できること

そして、相手の考えもきちんと受け取れること

そこからみんなでよりよい考えを生み出すこと

当たり前のようでなかなか難しいことですが

子どもたちと一緒にできるようになっていきたい

とあべコーチは思いました。

(あべコーチ/べっちゃん)



*オンライントーク、9月からのテーマは「読解力」

犬塚美輪先生とのトークになります。

 ・11月27日(土)13:30~15:00 「ネット社会の読解力」

 11月の申込フォーム https://forms.gle/a9XPFp9qb3PDnTuB9

 ご質問、お待ちしています!(ご質問のみでもOKです。)

9月、10月のオンライントークのアーカイブはこちらから

まほらboオンライントーク再生リスト


*まほらboの入会について

 一緒に「遊びは最高の学び」を体験しませんか?!

 まほらboのご案内 毎週火曜日金曜日。

 小学校3年生以上推奨。

 オフラインの会場は東京都小金井市です。

 教材、材料費などは別途。月22,000円!

 お申し込みは ⇒ https://forms.gle/ujXLzitjcqCGRW5N6

 お問い合わせは⇒ houkago.mahohlabo@gmail.com

 オンラインでの受講も可能です。(月11,000円)

27回の閲覧0件のコメント