ダブルバインド【まほらboの対話/えぇ話】


あべコーチです。

最近「ダブルバインド」という言葉をよく目にしています。

ダブルバインドとは、メッセージとその裏に隠されたメタメッセージとの間に矛盾が含まれている状態のこと。


例えば、子どもが悪いことをした時に「怒らないから正直に話して」と言ったのに

子どもが正直に話した途端に聴いている方が怒るということです。

ここには、

*話せば怒らない というメッセージ

*悪いことをしていたら怒る というメタメッセージ

の二つが含まれています。


この状態になってしまうと子どもはどちらのメッセージを受け取ればよいかわからなくなり混乱を招くようになります。


他にも「わからないことは何でも聞いていい」と言いながら、「そのくらいは自分で考えて」というような時です。これも

*わからないことは何でも聞いていい というメッセージ

*自分で考えてほしい というメタメッセージ


このようなことが続くと、せっかくやる気に満ちて活動していても、わからないことを聞いても答えてもらえないので、主体性が無くなっていきます。

「どうせ、教えてくれないし」

そして

「えー!聞いていいっていったのに」

と相手への不信感にもつながりますね。


ダブルバインドの状態が続くと以下の様な悪影響が出てくるそうです。

◎感情を抑え込むようになる

◎自信が持てなくなる

◎自由な意思決定ができなくなる

◎心身に不調をきたす


ダブルバインドとは、矛盾するメッセージにより混乱や自信喪失が生じるコミュニケーション状態のことです。

人と接する時には正直に関わるということが大切だと感じます。

「怒らない」と言ったら、怒らない

「勉強しなくていいよ」と言ったら、遊んでいても文句を言わない

自分の言葉に責任を持つという点で当たり前と言えば当たり前のことですが

ご自身の言動に矛盾はありませんか?少しふりかえってみてはどうでしょうか?

(あべコーチ/べっちゃん)



*オンライントーク、最新版は犬塚先生とのトーク。

テーマは「読解力」

9月、10月、11月のオンライントークのアーカイブはこちらから

まほらboオンライントーク再生リスト


*まほらboの入会について

 一緒に「遊びは最高の学び」を体験しませんか?!

 まほらboのご案内 毎週火曜日金曜日。

 小学校3年生以上推奨。

 オフラインの会場は東京都小金井市です。

 教材、材料費などは別途。月22,000円!

 お申し込みは ⇒ https://forms.gle/ujXLzitjcqCGRW5N6

 お問い合わせは⇒ houkago.mahohlabo@gmail.com

 オンラインでの受講も可能です。(月11,000円)

閲覧数:17回0件のコメント