知識と体験を結ぶ【まほらboの学習/仕事】



先日、あべコーチの三歳の息子のお楽しみ会がありました。

表現活動の一環です。

あおむしさんが出てくる絵本の流れに沿って

あおむしの帽子をかぶった子どもたちが出てきて

好きな果物を持ち、食べるふりをして

「まだまだ、おなかはぺっこぺこ」と言います。


そして、みんな揃ったら

土曜日に食べたものもの中で好きなものを予め選んでいて

それを読み上げる順番に観覧席に見せていきます

そして、最後は蝶になるのですが・・・


息子は土曜日に食べたものの歌をひたすら歌っていて、

楽しそうだなーと思っていたのですが

ふと「サラミとピクルスって知ってるかなー?」と思いました。


なので、これは!と思い

サラミとチーズとピクルスをお店で買ってきて

息子に見せて「これだよー」と確認しました。

サラミとピクルスは一口食べて「べー(いらない)」と言っていましたが(笑)


このように興味を持っている瞬間に関連付けてあげる

ということが「体験」として大事なんだろうなーと思いました。

絵本に出てくるホットケーキを一緒に作る

ということはできると思いますし、そんなイベントをやっている所もあると思います。 保育園でも食育として取り入れている所もあります。

ぜひ、大人が楽しんで子どもと一緒に体験できるといいですね(*'▽')

(あべコーチ/べっちゃん)



*オンライントーク、最新版は犬塚先生とのトーク。

テーマは「読解力」

9月、10月、11月のオンライントークのアーカイブはこちらから

まほらboオンライントーク再生リスト


*まほらboの入会について

 一緒に「遊びは最高の学び」を体験しませんか?!

 まほらboのご案内 毎週火曜日金曜日。

 小学校3年生以上推奨。

 オフラインの会場は東京都小金井市です。

 教材、材料費などは別途。月22,000円!

 お申し込みは ⇒ https://forms.gle/ujXLzitjcqCGRW5N6

 お問い合わせは⇒ houkago.mahohlabo@gmail.com

 オンラインでの受講も可能です。(月11,000円)

閲覧数:13回0件のコメント