• はんだみちこ

なんでだろう…と日々、アンテナをはろう!


今週は、2020年のノーベル賞の発表ウイーク。

今年はまだ日本人の受賞者の発表はない😔

あとは経済学賞を残すのみ。

楽しみに待ちたいと思う。


そのノーベル賞のパロディー版として毎年発表されるのがイグノーベル賞。

この賞は「人々を笑わせ、考えさせる業績」に贈られるもの。

こちらは、日本人が2007年から14年連続受賞で常連。

そして今年は音響学賞を受賞。

テーマは「ヘリウムを吸ったワニの鳴き声はどう変わるか」

なんで、ワニ⁈

どうやって吸わせたんだろう、人間と同じようには難しいだろうな…と思いながら記事を読み進めたら、「ヘリウムガスを多く含んだ空気を充満させた気密性の高い部屋で、鳴くように仕向けた」とあった。

(ヘリウムガスを吸わせることが一番大変だったようだ)

実際の鳴き声を聞いたら、少しだけだが高く聞こえた。

周波数レベル…💦


人間の声は、発声の仕方が共鳴型だからヘリウムガスを吸ったら声が高くなる。

爬虫類のワニが、哺乳類や鳥類と同じ共鳴型だったと確認できたことが、鳴き声がどのように進化してきたのかを解明するカギとなる、ということだった。

着眼点も実験方法も実にユニーク!


日々私たちは、ひとつ何かを知ると、次の不思議に出合う。

なんだろう、なぜだろう…と。

そのような出合いを放置しないで大切にしていきたいと思う。


まほらbo後期スタート!

詳細はトップページで

https://www.maholab.org/




©2020 by 放課後まほらbo