• 93keyngreen

体験会 始まりました。



8月1回目として昨日は 3年生〜5年生が参加してくれました。

それぞれに自己紹介カード(名前 学年 地域)を書いて プラス 似顔絵や得意な動物の絵を沢山書いていた子も 講師やスタッフも負けずに絵入りカードを持ち1人ずつ自己紹介からスタートしました。


まほらbo では とても大事にしている事があります。 必ず振り返りをする事です。 各教科ごと さらに終わりのまほらbo タイムでも全体の振り返りをします。

面白かった事 わかった事 できたこと

難しかった事 わからなかった事

もっと知りたい事など… 5つの項目について子ども達に書いてもらいます。自分で確認する事で身につく 気が付く事が大事。各教科終わりには 講師がチョイスした項目で 1人ずつ発表します。


昨日の全体の振り返りは 面白かった事を発表しよう。でした。ここでは 子ども達と共に講師スタッフ全員参加です。 圧倒的に国語の授業でのミルクボーイのコーンフレーク漫才ネタを自分達で考えてみよう!についての発表が多かった中で

こんな事を感じていた子も

「ミルクボーイのネタを作ろう。これってほんとに国語なのかな? 」

八田先生から なるほど〜 面白い。 でも進めていくとどうだった?に

「一応 国語なのかなと思った。」

と すかさず国語のゆか先生からも「算数 音楽 体育 理科 家庭科他の教科には当てはまらないから 国語やね!」のツッコミも

毎回振り返りでは 笑いありのリラックスしたなか なるほどと思う発見 やってみようと思う挑戦 わかった事をもっと考えてみたいと思ったた。などが子ども達からの発表から出てくるようになります。

みんなが賢くなっていく。まほらbo が大事にしている振り返りの時間です。


体験会2回目 28日金曜日へと続きます。


ミルクボーイの漫才ネタをみんなで作ってみよう。の完成作品は国語のゆか先生のブログて 紹介される予定です。お楽しみに


市川伸一先生の講演会もあります!


詳細・お申込みはこちら

https://www.maholab.org/post/ichikawa


32回の閲覧

©2020 by 放課後まほらbo