「オレ流」の学習方略



前回の動機付けの話は、宿題やプリントがないと学習が進められないという状況では、いくら「がんばるぞ!」と意欲を燃やしても、「さて、どうしたものか…」となりかねないということでした。

学び方には、皆さんそれぞれの流儀があります。

高校、大学とも野球部の体育会系文化に馴染めず退部を繰り返し、25才で遅咲きのプロデビューを果たした落合博満さんの「オレ流」は有名ですが、この学習方略がまほらbo的。

このオレ流を分析したら、認知科学的アプローチが見えてきました。

効果的な「学習方略」は、学習意欲を確実に高めます。

落合さんの対談には、そんなヒントがいっぱい。

まほらboでは、効果の高い「学び方」のメカニズムを探究しています。

自ら学ぶ力「自己調整学習」の3つの要素の中の重要な一つが「学習方略」。

放課後まほらboでは、これを高めます。

詳しくはnoteでチェック。

https://note.com/maholab/n/n3e72397a9add


次回は、「メタ認知」について。

ではまた。

(みやけ もとゆき/もっちゃん)

©2020 by 放課後まほらbo