子どもに遊びを処方するよう、すべての医師に推奨する。



タイトルは、2018年8月アメリカ小児科学会から、社会に対する警鐘として全米の小児科医に出された提言です。

なんと医者が「あそび」を処方する時代がやってきました。


この処方に込められた2つの側面とはなにか。

アメリカだけの出来事なのか。

そもそも「あそび」とは何か。

放課後まほらboは、子どものゴールデンタイムでなにをしようとしているのか、「学ぶ力」とは何かの分析に続いて、第二フェーズでは、「あそび」を探究していきたいと思います。

「遊びは、最高の学び!」を構造化することで、こどもの遊びが発達や成長など学びに寄与する「あそびの科学」。

これからも放課後まほらboは、あそびを通して学ぶ力をつける工夫を探究します。 詳しくはnoteでチェック。

https://note.com/maholab/n/n60aad263c410


次回は、「あそびとは何か」について。 では。

(みやけ もとゆき/もっちゃん)

92回の閲覧

©2020 by 放課後まほらbo