• 学生スタッフ

勉強は「したい」と思うものです



こんにちは。学生スタッフの武藤です。


最近、教員になるという夢に向けて、いろいろなところから吸収しようと、多くの本やドラマを見ています。


みなさんは、2005年に放送された「女王の教室」というドラマをご存知ですか?

天海祐希さんが演じる、教師と子どもたちとの戦いを描いた物語で、その過激な内容から、放送当時も賛否両論あったといいます。


私は放送当時小学1年生。「この先生怖いな」と思ったことを微かに覚えています。


しかし、今見返してみると、当時怖いと思っていた先生は、至極真っ当なことを言っており、参考にしたいと思った考えがたくさんありました。


ドラマの中で児童は先生に問いかけます。

「なぜ、私たちは勉強しなければならないのですか。」


それに対して先生は

「勉強はしなきゃいけないものではありません。"したい"と思うものです。勉強は受験のためにするのではありません。立派な大人になるためにするのです。」

と答えるのです。


私は今、児童に同じことを尋ねられた時、こんなにも軸がある回答ができるでしょうか。

自分の勉強に対する姿勢を見つめ直さなければならないと思いました。


まほらboでは児童自らが「学びたい」と思う仕掛けをたくさん用意しています。

受験がゴールの学びではありません。

生きていくための学びをたくさん得ることができます!


12月6日、市川伸一先生のオンライントークです。今回はこの秘密基地にも先着10名様まで参加可能!

申し込みはこちら

https://forms.gle/oNZYWM4PcwM4LkpL7

まほらbo後期始まりました。

毎週火曜日金曜日。小学校3年生以上。会場は東京都小金井市です。

教材、材料費などは別途。月2万!

お問い合わせは

houkago.mahohlabo@gmail.com

オンラインでの受講も可能です。

©2020 by 放課後まほらbo