歩きながら調べるのではなく、立ち止まって考える



こんにちは。学生スタッフの高橋優紀です。


突然ですが、最近あるポスターの言葉に目を奪われました。

「ぶつかった、とあなたは思う。ぶつかってきた、と周りは思う。」

これは、歩きスマホを防止するポスターです。

これを見たとき、ハッとさせられました。

それと同時に、スマホが生活に根差していることを改めて気づかされました。


今の子どもたちは、小学生のうちからスマホを使っていると聞きます。

インターネットの発達もあり、スマホを使えば何でも調べることができます。

ぼく自身も何か分からないことがあったら、すぐスマホを開き、検索してしまいます。

よくあることかもしれませんが、すぐに検索する癖をつけてしまうと、未知のものに出会ったときへの対応力が失われてしまうように感じます。

そのため、対応力を付けることができるよう、いったん自分で考える癖をつける必要性があると思います。


みなさんもぜひ分からないことがあったときには、一度立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか?


◆12月6日、市川伸一先生のオンライントークです。今回はこの秘密基地にも先着10名様まで参加可能!

申し込みはこちら

https://forms.gle/oNZYWM4PcwM4LkpL7

まほらbo後期始まりました。

毎週火曜日金曜日。小学校3年生以上。会場は東京都小金井市です。

教材、材料費などは別途。月2万!

お問い合わせは

houkago.mahohlabo@gmail.com

オンラインでの受講も可能です。

39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示