深い呼吸と深呼吸、そして調息

最終更新: 9月1日

深い呼吸 《②深い呼吸の仕方》


深い呼吸の実践内容をお知らせしました。

→ 深い呼吸でいつでも自分を整えられる

 → 深い呼吸で 余裕を持つ


深い呼吸と深呼吸、そして調息

深い呼吸という表現に意味を持たせています。

決して「深呼吸」ではないのです。


深い呼吸は今後子ども達と取り組みたい調息であり、調身・調心へとつながり、まずは身につけて欲しいいつでもできる心と体のバランスをとる方法の一つです。


〝調息〟辞書で引くとこんな感じ。

端座して、呼吸をととのえ、心身を落ち着けること。(大辞林 第三版の解説)

ちょう そく てう- [0]【調息】

〘名〙 端座して呼吸を正しくととのえること。身心をおちつけるため、また養生や修養のために行なう。( 精選版 日本国語大辞典の解説 )

調息には「心身を落ち着けること」と「身心を落ち着けること」とあり、体を整える、つまり姿勢を整えることが伴っています。


まずはどんな姿勢、状況でも意識をすぐに呼吸に向けて心と体を調整できるようになることが、身体つまり姿勢を整えることができるようになるのです。


それに向けて〝深い呼吸〟に取り組んでいます。




©2020 by 放課後まほらbo