宝物からの視点【まほらboのあそび】

先日、小学校高学年の子どもたちと遊びました。

あまり広い空間ではなく、しかも2歳くらいの小さな子が一緒にいる空間でしたので、走り回ることができません。

子どもたちが思いっきり走りたい気持ちは重々承知ですが・・・。


どうやって遊ぼうか、子どもたちと考えていました。

一人の子が「宝探し!」と言い、「それいいね!」

さらにあべコーチは「ピン!」ときました。


ただ、宝探しをしても面白くないので、以下の様なルールとしました。

①チーム戦(二人組)

②宝を隠す(2こ)

③その宝物目線での写真を撮る⇒それをヒントとして相手に提示する

④探す時間は3分間


この宝探しは、ただの宝探しでは味わえない様々なことが楽しめます。

宝ものからの視点なのでいつもと反対側の視点からの写真になります。

いつもと違う視点で物事をみるキッカケとなります。


ヒントを出すのですが、わかるかわからないか微妙なラインでのヒントが必要になります。

まったく探してもらえないということは、ヒントの出し方が下手ということで

相手のことを考えられていないということになります。

例えば・・・

写真の右の辺りに隠す場合・・・

このような写真になります。


ということで、説明して始めると・・・

大盛り上がり!

「これは、簡単♪」というものもあれば

「近くまで行ってるんだけど・・・なかなか見つからない!」というものもありました。

子どもたちも「これだけだと難しいと思ったから、写真を二枚にしたよ」

と工夫が見られました。


ほんの一時間弱くらいですが、しっかり集中して遊ぶことができました。

あべコーチが少し変わった遊びをひらめいたのは、これまでに同じようなことを友人としたことがあったからです。

さらに、色々な遊びをしてきて

「チーム戦がいいかな」

「時間を決めたほうが面白そうだな」

と、考えた経験があるからかなと思います。

ヒラメキは、何もない所からひらめくのではなく、たくさんの経験をつなぎ合わせることででてくることではないでしょうか。

まずは、しっかり遊び・体験をして・それを意識化させましょう!


(あべようこ/べっちゃん)



*オンライントーク

 4月11日(日)テーマは「学ぶ力と体験」 ↓お知らせ

https://www.maholab.org/post/20210404_event04

 その次は5月9日の予定です。

(※決まったらお知らせします。)


*まほらboの入会について

一緒に「遊びは最高の学び」を体験しませんか?!

まほらboのご案内 毎週火曜日金曜日。

小学校3年生以上推奨。

オフラインの会場は東京都小金井市です。

教材、材料費などは別途。月22,000円!

お申し込みは ⇒ 入会申込フォーム

お問い合わせは⇒ houkago.mahohlabo@gmail.com

オンラインでの受講も可能です。(月11,000円)


28回の閲覧0件のコメント