• あべようこ

オンライントーク5/9「学力がつく体験」【まほらboのええ話/対話】

あべコーチです。

5月9日(日)は、オンライントーク第6弾でした。

こもちゃん・もっちゃんのトークとしては3回目(最後)でした。

3回の大きなテーマとしては「体験活動について」

第1回では、原体験(一次体験)が大切だということ。

山登りなど、特別なことをしなくても日常生活の中で、誰かと夕陽を見て感動し

「夕日がきれいだね」共有していくことが大切というお話でした。

いただいたご質問にも具体的にお答えいただきました。


第2回では、小森先生が中心においていらっしゃる「バース理論」について。

人は「見たい」と思うものを見るようになるという癖があるから「目標を立てる事」がとても大切であること、

そして言葉にしての「振り返り」も大切であるというお話。

体験活動をしている人の方が「よりよい人生を歩める」傾向が強いという調査結果もご紹介いただきました。


そして、第3回目は、予めいただいていたご質問について、会場に来てくれていた学生コーチたちとも意見交換をしながら進めました。コーチたちの体験談もとても興味深いものでした。

ご質問の一つとして、「目的をもって遊んだほうがいいですか」というものがありました。

その中で『外遊びがもたらす子どもへの5大効果』をご紹介いただきました。


ただ、遊ぶだけで少なくともこれらの効果はあるわけですね。

これらを目的にして遊びをするのは違うのですが、大人が効果について理解し、

今、子どもがどんなことに気を付けて遊んでいるかを知ろうとする

ということは、とても大切なことです、とおっしゃっていました。


その後は、こもちゃん(小森先生)が進めている「青少年体験活動奨励制度」について

のご紹介などをして、最後のまとめとなりました。

青少年体験活動奨励制度 http://japan-youth-award.net/



こもちゃんからの最後のまとめは・・・

学力というと国語や算数ができるものと思いがちだけれども、知的な知識を高めるだけでなく、『自分がよりよい人生を送っていくために必要な知識』のこと

いい学校に行っても偏った力では、行き詰ってしまうこともある

いい会社に入ることだけが、その人の人生で大切なことではない

他にも自分にとってもいい道があるかもしれない

一人ひとりにとって大切なことは、人としての総合的な力を付けていくことである


「いきていることが体験」

「人生そのものが体験活動」

そのように考えると誰かの評価をあてにする他人軸ではなく、自分軸で「こうなりたい」と思うことに向き合うこと

体験して、体験から自分を作り上げていくこと、持っている能力を引き出すことをしよう


芸能人や有名な人が世界の主人公ではなくて、

一人一人・自分自身が自分の人生の主人公である

そのつもりで保護者・大人が関わっていけるとよりよいのではないか


そして、それは、保護者にも同じことが言えて、保護者自身も自分の人生の主人公である

ことを忘れてほしくない


とのことでした。

とても考えさせられるお話で、まず自分の人生を大切にしよう

と改めて感じました。

こもちゃん、3か月ありがとうございました!


次回からは、正木賢一先生(デザインがご専門)に登場していただきます!


(あべようこ/べっちゃん)


*オンライントーク

 6月13日(日)予定 

 申込フォーム https://forms.gle/a9XPFp9qb3PDnTuB9


*まほらboの入会について

 一緒に「遊びは最高の学び」を体験しませんか?!

 まほらboのご案内 毎週火曜日金曜日。

 小学校3年生以上推奨。

 オフラインの会場は東京都小金井市です。

 教材、材料費などは別途。月22,000円!

 お申し込みは ⇒ https://forms.gle/ujXLzitjcqCGRW5N6

 お問い合わせは⇒ houkago.mahohlabo@gmail.com

 オンラインでの受講も可能です。(月11,000円)


最新記事

すべて表示