• まつしまゆか

学歴は何万とある尺度のひとつにすぎない



「ご主人はどこにお勤め?」

今だったら個人情報なんちゃらと言われそうなこの質問、昔はよく耳にしたんですよ。ほんと。


「お子さんはどこの大学?」

この辺ももうすぐ死語になりますよ。なのにこの何の目的もないくだらない質問の答えがほしいと、思っている親御さんは少なくありません。


学歴は確かに尺度です。でも尺度の一つでしかありません。


たとえば、あなたは、

家族を守る包容力のある人と、学歴の高い人、どちらと結婚したいですか?

いざという時の決断力のある人と、学歴の高い人とは?

健康で、明朗快活な人と、学歴の高い人とは?


ね。そんなことじゃ比べられないですよね。


もちろん、学歴があるということは「勉強」はがんばってきたわけで、スポーツを頑張った人と同じような評価の1つとしてもかまわないでしょう。ただ「勉強」ができることと「頭がいい」ことは関係ありません。早くから社会に出て、現場で鍛えられた人の方が、頭がいいことも多いです。行動からしか学べないことも本当に多いですし。同じ18でも、もう働いて稼いで家族を助けている子と、学校で授業中ボーっとしているような子は、生きていく覚悟も違います。


私も授業中はボーっとしていた子で(笑)

生きる覚悟ができるようになったのは、子どもを産んでからです(笑)

ちなみに私の人生で学歴を聞かれたのは一度だけ。

アメリカで働くときにビザ申請で必要だったのに、証書を失くしたので、大使館で(笑)

ね。四年制大学を出ていても、忘れ物失くし物ばかりの人生です(笑)


今までの日本は、学歴の高い方が有利でした。今からは、違います。ちゃんと社会の役に立つ人間が重宝されます。有名大学を出ているだけでは判断できないのです。世の中には中卒でも、会社を興して社会に貢献している人もいます。


もちろん、大学進学を否定するわけではありません。

そこで何をするか、何をがんばるかが大事で、学校名なんてどうでもいいんです。


明日は教育講演会。みなさまとお目にかかるのを楽しみにしています。

30日には市川伸一先生の講演会もありますよ。

https://www.maholab.org/post/ichikawa

32回の閲覧

©2020 by 放課後まほらbo