• まつしまゆか

差のつく作文



作文で一番大事なのは、書く前の準備、つまり「考察」です。しっかりじっくり考察し、構成を考えたあと、いざ書くわけですが、その時、他の人と差をつけるポイントがあります。


昨日、某作文教室で伝授したのですが、ここでも皆さんにお伝えしますね。

1 かっこつけない

2 話し言葉を書き言葉に直す

3 不要な「な」を外す

4 「なぜかというと」「どうしてかというと」も外す

5 「良かったです」「すごかったです」「面白かったです」を禁句にする

6 内容から考えて世界に一つだけのタイトルを


今日は1について少し。

「かっこつけない」は、気取らないという意味ではありません。( )のかっこを付けないという意味です。

私たちは、補足のつもりで( )を多用しますが、それを書いている時点で、補足の域を超えていることがほとんど。ですから、( )をつけない、つまり「かっこつけない」方が「かっこいい」のです。


例 なるべく早く(遅くとも当日中には)提出したいと思いました。

改 なるべく早く、遅くとも当日中には、提出したいと思いました。


はずして文が成立するのであれば、はずしただけでOKです。文を分けるという手もあります。


例 これには深い(時々そうではないけれど)意味があるのです。

改 これには深い意味があるのです。もちろん、時々そうではない時もあります。


( )は補足の意味で付けているはずなのに、注意がそちらに引き寄せられてしまいます。

引き寄せたいのであれば、むしろ「 」を使い強調させること。そういう意図もないのであれば、不用意に( )をつけない方が読み手に負担をかけません。


みなさんも、かっこつけないスタイル、試してみてくださいね。


◆12月6日、市川伸一先生のオンライントークです。今回はこの秘密基地にも先着10名様まで参加可能!

申し込みはこちら

https://forms.gle/oNZYWM4PcwM4LkpL7

まほらbo後期始まりました。

毎週火曜日金曜日。小学校3年生以上。会場は東京都小金井市です。

教材、材料費などは別途。月2万!

お問い合わせは

houkago.mahohlabo@gmail.com

オンラインでの受講も可能です。

32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示