• まつしまゆか

デザインの前の言語を小学生と考えてみた


国語では、「東京はロックダウンすべきか」という課題を型を使って書いてみました。

この「予想される反論」を書く工程をを経ることが、すっごく重要。ディスカッションをする時、相手の出方を予測するのも大事なのですが、予測しなかったことへ対応する能力も培われます。

また、反対する人の立場に一回立つということが、どれだけ自分の結論に必要か!

また今度機会があったら話しますね。

で、デザインの前の言語の話。

まずはこの動画。

この動画で表しているフェイスシールドの作り方を、言葉でやってみよう!という課題


判断基準は「その言葉通りに作ったら、この人と同じフェイスシールドが出来上がるか?」ということです。

小学生を前に、私は失敗例を先に紹介してみました。

まず、フェイスシールドがバラバラになってしまったこと。紙を入れる方向が、普段のクリアファイルと違うんですね。

そして、前が見えなかったこと。クリアファイルはクリアファイルでも、青だと、フェイスシールドの意味をなさないんですね。

子どもたちはいろいろなことを発見しました。

  • まず、材料を読み上げた方がいい。道具も。

  • 方向を間違えるとゆか先生のようなことになるから、方向の説明はしっかりしなくちゃ!

  • 点線は何のためにあるのか、実は言わないと作れない!

まず、材料と道具を読み上げること。これは料理のレシピにも通じますよね。

あとは、順番に、そして、もれなく重なりなくです。

そして、一番大事なことに気づきます。

あ、このセリフ通りに動画を作ったらいいんじゃない?

デザインは優秀。言葉が通じなくても伝わるもの。でも、その前に言葉ありきなんですね。

私もいい発見の経験をしました。

アフタースクール放課後まほらboは、5月もオンラインで実施します。

詳細はこちら!


https://www.maholab.org/post/miyake_20200503


73回の閲覧

©2020 by 放課後まほらbo