先取り学習?!

突然ですが、「先取り学習」ってどんなイメージですか?


幼い子なのに遊びもせずに勉強してかわいそう?

よくわからないままにやらされてる?

先取り学習をしてる子は成績が良い?


どうなんでしょうねー。

インターネットでも色々と言われているようです。

やはり、メリットもデメリットもあるようですね。


私は、目の前の子どもが興味を持っていることは、どんどん深めて・広げてあげたい

と思っています。


子どもが心から

・おもしろい!

・しりたい!

・ふしぎ!

・これって、どうなってるんだろう!?

・なんで、どうして?


と感じていることは、少しだけ先を歩いている大人として手助けをして深めて・広げてあげたいと思います。

子ども(人)の興味に学年や年齢なんてくくりはないから。

興味がわいた時に、その年齢に合わせた内容(わかりやすい形、わかりやすい言葉)で

学習すればいいと思っています。



りょう先生のブログで紹介している「多角形の内角の和」について調べたのは

4年生の女の子。

「多角形の内角の和」の学習は教科書では5年生となっています。

じゃぁ、これは「先取学習か?」と言われたら・・・?


NOです。


なぜって?

その子が「面白い!」「知りたい!」って言って自分で実際にやってみたこと。

三角形の内角の和っていうのを聞いたことがあって、調べてみたかった。

三角形を調べたら、四角形も調べたくなって、五角形も調べてみたくなったんです。

それは、どんどん調べたらいいじゃない!


そして、私も面白くなっちゃって

「(4月に学習したし)表にしてみると、ルールがあるかもしれないよ。」

なんてアドバイスを( *´艸`)










「180°のいくつ分か」というところのルールに気付けると、

ただ覚えるだけではなく、仕組みがわかって身につく

そして、今後多角形の内角の和は「三角形いくつ分」って考えることや

図形の問題では「補助線をどこに引くか」のようなヒラメキへも

つながっていくと思われます。


これらは、教え込まれた先取り学習ではなくて

自分の体験・興味からの学習の深まり、広がり

こんな学習ならどんどん、先に進めたらいいと思っています!



他にも

家の中には90°の直角ばかり。ふと、「体に直角はあるんだろうか?」と思い自分の体を眺めてみたけど、直角はなかった。

そんな報告も受けています。

「自然界には直角の物ってないらしいよ。」とゆか先生からの受け売りアドバイスをしましたが、この話は

ハチの巣の形は6角形だ、雪の結晶も6角形だ。なんで6角形なんだろう?

とか

木の枝や葉の生え方の違い、仕組み。

などに繋がっていく可能性がありますね。


それを、「そんなことより、ドリルをやりなさい」

「算数の勉強でなんで木の枝の角度測ってるの?!」なんて言ってしまいますか?


あなたの考える「先取り学習」ってどんなものですか?

何のための「先取り学習」ですか?

すこし、考えてみてくださいね。




今週のまほらboはお休みで、5月の保護者会と6月の説明会を実施しています。


2日の保護者会の様子。(くみっきーの)ブログ

https://www.maholab.org/post/kumi_20200603


明日も説明会があります。(16:45~17:30)

6/5金曜 6月のまほらbo説明会やります。

詳細・お申込みはこちら

https://note.com/maholab/n/n2842e10049c8


(算数担当 あべようこ/べっちゃん)

51回の閲覧0件のコメント